広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

国東半島の両子寺

f0071840_14555060.jpg

f0071840_14555057.jpg

f0071840_14555059.jpg

f0071840_14555047.jpg

大分県国東半島のど真ん中、一番高い山である、両子山にある両子寺。

約1300年前に創建された密教寺院で、国東半島の総持院である。



境内は長い石段で、仁王門から始まり、山門を通抜けると、山岳修業の根本道場、不動明王をまつる、護摩堂が現れる。

さらに、川を渡り石段を進むと、阿弥陀如来をまつる大講堂に出る。



続いて、石鳥居をくぐり、さらに長い石段を上がり切ると、千手観音をまつる、奥の院に到着する。

社殿の後ろには、巨大な岩壁があり、そこからは、聖水が浸み出ている。



まさにここが、神の住む岩倉、聖地である。

そして、ここもまた、神仏混合の地である。



江口
by kishi-e | 2011-07-30 14:55 | 建築

熊野磨崖仏

f0071840_16342188.jpg

f0071840_1634213.jpg

f0071840_16342130.jpg

f0071840_16342149.jpg

大分県国東半島にある、熊野磨崖仏。

日本一壮大で荘厳な、国の重要文化財。



恐ろしく長い石段は、鬼が一夜で作ったと言われ、自然石のまま乱れ積み。

きわめて登りづらく、降りにくい。



息を切らし登り切ると、巨大な岩壁に磨崖仏が刻まれている。

右に大日如来、高さ6.8メートル、左に不動明王、高さ8メートル。



伝説では、宇佐八幡の化身が、作ったという。



さらに、その上に登ると、熊野神社の社殿が、巨大な岩壁の前にある。

ここはまさに、神仏混合の聖地である。



江口
by kishi-e | 2011-07-29 16:34 | 建築

国東半島の富貴寺

f0071840_16514978.jpg

f0071840_16514987.jpg

f0071840_16514921.jpg

f0071840_16514939.jpg

古代仏教の聖地、大分県の国東半島にある富貴寺。

1300年前に創建された、密教寺院である。



しかし、小さな山里にあり、屋根は破損し、内外とも荒れ果てていた。



それでも、大堂は国宝、阿弥陀如来座像は重要文化財。

西国唯一の阿弥陀堂で、かつ九州最古の木造建築。



宇治の平等院、平泉の中尊寺と並び、日本三阿弥陀堂の一つ。

平面的には、九分割の胎臓界曼陀羅を表す。



江口
by kishi-e | 2011-07-28 16:51 | 建築

大分県の宇佐神宮

f0071840_16231639.jpg

f0071840_16231630.jpg

f0071840_16231682.jpg

f0071840_16231657.jpg

大分県宇佐市にある、宇佐神宮。

全国八幡宮の総本宮で、神仏習合の発祥地。



広大な境内は、風水のセオリーに従い、山に囲まれた盆地。

その中に、川に囲まれ結界とした、パワースポットにある。



境内の中の小高い丘の上に、上宮があり、本殿は国宝。

一之御殿、二之御殿、三之御殿の三棟が並ぶ。



その丘の下に下宮があり、こちらも同様の形式を持つ。



奥宮は南側の山の中にある、大元神社。

ここが、八幡神が降り立った地、と言われる。



江口
by kishi-e | 2011-07-28 16:23 | 建築
エスケイホームの川本社長から、またメールが到着です。



写真をお願いしたのですが、原則、写真撮影禁止だそうです。

写真撮影する現場を被災者の方が見られ、かなりの反感をかった事が原因だそうです。



させていただいてる、お邪魔して申し訳ありません、の精神で謙虚に、活動しているそうです。

現場作業のリーダーに、外国の一般ボランティアの方が多く、日本人として頭が下がる思いだそうです。



素晴らしいことですね。



江口
by kishi-e | 2011-07-25 16:58 | 経営とマスコミ
広島から震災地にはいった、知り合いの女性社長さんからの、二回目のメールをご紹介します。



今日の現場は釜石の箱崎町です。
一番処理が遅れてるエリアらしいです。
作業はガレキの撤去。

昨日夜から朝方二回も地震。寝ている体育館に警報が鳴り響いて外に飛び出たりで寝不足がキツイです。

昨日の現場も、テレビで見る以上にひどかった。
マンション三階まで、津波の跡で廃墟だらけ、
戦争の跡の風景を、目の前で見た感じ。
涙が出そうになりました。

大きな船が陸に乗り上げたまま。家も形あるまま、基礎からまるまる流されてきて、月極め駐車場のど真ん中に着地。

所有者不明の為、壊せないらしいです。

今日の現場、ムービーしますね。
今、昼ごはん休憩。
肉体労働で腰がヤバイです。

ガレキ掘ったりしてると、海水で固まった土のしたから、生活用品が一杯出てきて、泣きそうになります。

今来てる現場、ほとんどの人が亡くなった場所らしいんです。

ボランティアの人は全国各地から、外国の方も各国から、たくさんいらっしゃっていて、頭が下がります。

たくさん仲間が出来ました。

以上

江口
by kishi-e | 2011-07-25 13:37 | 経営とマスコミ

震災ボランティア

いやあ、頭が下がります。

知り合いの、広島市の女性社長さん、22日から震災ボランティアの為、岩手に入っています。



現場はテレビで見るより、悲惨らしいです。

今日の現場は釜石、箱崎町。ガレキの撤去をするそうです。



頑張ってきます、と携帯にメールを頂きました。

いやあ、素晴らしい。



江口
by kishi-e | 2011-07-25 13:18 | 経営とマスコミ

河内町の竹林寺

f0071840_14273245.jpg

f0071840_14273241.jpg

f0071840_14273268.jpg

f0071840_14273287.jpg

広島県北の山の中、河内町にある竹林寺。

真言密教の山寺で、約1300年の歴史がある。



初めて訪れたのは約15年前、感動した。

こんな人里離れた山の中に、壮大なる山岳寺院。



しかも、山頂にもかかわらず、本堂前には蓮の池があり、屋根付きの橋を渡り進み出る。

まさに、極楽浄土だ。



さて、写真は山の麓近くの入口、ここから数キロ先に見える、奥の山の頂上に、境内がある。

長い参道を登り、石段の上に立派な仁王門。



さらに参道を奥に進むと、蓮の池に屋根付き橋がかかる。

そして、やっと国の重要文化財である、本堂のある伽藍へと続く。



そもそも周辺には、多くの古墳や山城跡がある。

ここは古代から、聖地だったのだろう。



江口
by kishi-e | 2011-07-24 14:27 | 建築

府中町の水分神社

f0071840_8383789.jpg

f0071840_8383754.jpg

f0071840_8383756.jpg

f0071840_8383713.jpg

広島県府中町の山の中、由緒ある水分神社があります。



2600以上前、神武天皇が遠征に来て、府中町に滞在したとき、水を汲んだ場所と言われています。

社殿は1150年以上前に、創建されています。



小さな社殿ですが、背後の岩が御神体と思われます。

古代遺跡を思わせるような、岩倉になっています。



また、すぐ横を流れる川は、一年中、水が豊富で、立派な川の神様とも言えそうです。

つまり、自然を神様と崇める、日本古来の形態が、ここには明らかに、残っているのです。



まさにパワースポット、社殿の大きさは、関係ありません。

人里、離れていることが、この豊かな自然、そして神が守られた由縁、と言えそうです。



江口
by kishi-e | 2011-07-14 08:38 | 建築

出雲の長浜神社

f0071840_2142996.jpg

f0071840_2142927.jpg

f0071840_2142973.jpg

島根半島の西側、出雲大社の南西にある、長浜神社。

平野の中にある、小山の上にある。



とは言え、山の上の上、駐車場からでも、恐ろしく長い石段を登ると、やっと到着します。



この場所は、海の向こうの土地を、引き寄せ縫い合わせた、国引き神話に登場する、由緒ある場所。

祭神も国引きの神を、おまつりしています。



創建は、公式には1300年以前といわれていますが、恐らく2600年以上前の神代でしょう。



現存する社殿は、大社造りで、335年前のもの。

境内には、七つの併設神社があります。



江口
by kishi-e | 2011-07-10 21:42 | 建築