広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

<   2009年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

選挙と土建業界

f0071840_21364782.jpg

選挙結果が、続々と発表されています。

予想通り、民主党の大勝、自民党の大敗。



閣僚経験者も、大敗。

いよいよ、世の中が変わります。



待ちに待った、世の中になるかもしれません。

自民党、最後のチャンスは小泉純一郎首相時代。


しかし、既得権の圧力は相当なものでした。

そして、自民党時代の終焉は、当然の成り行きとなりました。



これから土建業国家、医療福祉国家からの脱却が進みます。

これは、とっくの昔から、予想されていたことです。



残念なことに、かなり遅れて現実のものに、なろうとしているだけ。

なんの不思議も、ありません。



これで、土建業や医療は正しい方向に、向かうかもしれません。

国家の変革期、痛みが伴うのは、仕方ありません。



そもそも、日本の政治は財界とのもたれ合い!

自民党は、建設業界団体と医療福祉団体の2つに、永く支援されてきました。



弊社が所属する、建築設計事務所協会も、支援してきました。

しかし私は、支援してきませんでした。



こんな間違いだらけの業界なんか、死に絶えればいいのです。



そもそも業界より、個人より、国家が大切です。
国家あっての、個人であり、会社経営です。



しかし、自民党は間違いを繰り返しました。

見返りに、それらの時代遅れの団体を、守ってきました。



談合、もたれ合いからは、何も生まれません!



だから、今日の疲弊した日本があるのです。

もう変わらないと、どうしようもありません。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-30 21:36 | 日常生活

リノベーション

f0071840_22285486.jpg

ここは、広島市のど真ん中、中区流川。

写真は、鉄筋コンクリートの五階建ての中古ビルです。



来週から、リノベーションの工事が始まります。
弊社はビルのリノベーションにも、かなり関わってきました。



何回やっても、新築よりも、はるかに難しいですね!



屋上、外壁、内部、すべて大規模リフォームして、生まれ変わります。

見た目もまったく、違うビルに再生されます。



工事の順番としては、まず解体屋さんが、道路上に出っ張っている、エアコンやテントを撤去。

続いて、工務店が建物正面に、足場を設置します。



警察から道路占有許可も、取っています。



そして解体屋さんが、内部の撤去、外部の撤去をします。

屋上では、工務店の防水工事からスタート。



解体が完了したら、本格的に工務店が、内外の工事をスタートします。

来月中旬からスタート、再来月中旬に完成予定です。



そのために、必要なサッシュや住宅設備の発注も、終わっています。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-28 22:28 | 不動産

休日のカフェ

f0071840_10284684.jpg

今日も朝から、カフェにきています。

休日はたいてい、カフェに行きます。



そして、集中して仕事三昧。

図書館代わりに、使っています。



今日も、しっかり集中できました。

普段の日は、打ち合わせや電話でドタバタです。


休日は、それがないだけ、時間がゆったりと流れます。



最近はとにかく、企画物件も多く、考える時間が足らない状況です。



来月からは、新しい現場も始まります。

新しいプランニングも、五件、同時進行しています。



こんな時代に、ありがたいことです。

しかし街を見ていると、不況の今、チャンスに満ち溢れています。



つくづく、そんな気がします。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-26 10:28 | 日常生活

適判め〜!

f0071840_16562580.jpg

世の中、矛盾だらけ…。
規制緩和を叫んでいたかと思えば、今度は規制強化…。



そして昨年には、天下の悪法、改正建築基準法が施行されました。

これには、みんな参っています。



なにしろ、審査をする身近な民間検査機関さえ、いま業務停止処分を受けています。

なにか、へまをしたのでしょう。



それほど、規制強化して民間を苦しめて、どうするのでしょうか?



弊社が今、設計監理しているオフィスビルも、苦しめられることになります。

なにしろ、わずかな変更でも、現場を止められます。



バカバカしい!時間と経費の無駄遣い!

と、みんな思っています。



以前なら、変更申請を出せば良かった程度の、軽微な変更でも、最近は現場を止めるのです。

これには、みんな参っています。



適判という制度が、諸悪の根源。

構造設計の安全の確認を、強化したのです。



変更申請で適判をすると、時間も費用も、相当かかります。



ご承知のように、建設業はすでに、十分に痛んでいます。

また改正前でも、日本の建築関係の法律は、世界一、厳しいのです。



それなのに、さらに民間を痛めつけて、何が面白いのか?



中央官庁、役所の考えることは、いつもピントがずれています。

だから、大幅に人件費削減、人減らしをすることになるのです。



日本が財政破綻している今、もう無駄や矛盾は、やめないといけません。
そんなことを言ったら、役所に睨まれないかって?



大丈夫!

もともと怖いものは、何もありませんから。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-25 16:56 | 建築

観音の家

f0071840_1614620.jpg

f0071840_1614610.jpg

f0071840_1614662.jpg

今日は午後から、観音の家に行きました。

今日は大切な、水切り検査です。



さて、写真はテラスと内部階段。

と言っても、テラスはまだ床がなく、室内は階段がまだ、付いていません。



来月は階段が付くので、現場見学会をします。

皆さんも、いらしてくださいね。



さて、巨大なテラスは、壁で囲まれており、写真は三階レベルです。

長い壁を支えるため、梁が見えています。



二階レベルに、グレーチングの床があり、三階にも両端にのみ、床があります。

つまり、テラスの中央は、吹き抜けています。



さて、内部階段の窓は横長で、三階に二段、二階も二段、一階は玄関扉が見えています。

それに隣接して、わずか一畳ですが、吹き抜けがあります。



この一畳をバカにしては、いけません。

場合によっては、半畳の吹き抜けでさえ、効果を出してくれます。



建築にとって、吹き抜けは、なくてはならないものです。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-24 16:14 | 建築

毎日、戦争

f0071840_2393231.jpg

ついに、私の仕事量は、ピークを迎えています。
昨日も今日も、大手町オフィスや山根町オフィスで、相次ぐ来客…。



午前から午後までも、施主、施工会社、不動産業者、銀行、などなど…。
様々な打ち合わせで、毎日、立て込んでいます。


とにかく、月曜日に一週間の予定が、ほとんど埋まってしまいます。

当日や翌日に、突然、打ち合わせを入れるのは、なかなか不可能…。



こんな時代に、ありがたいことと、感謝しています。



そして今日は、午後から定例の現場会議、二時間…。

いやあ、つらい!



明日は、見積もりチェックと、来週月曜日の施主打ち合わせの準備…。



終わったら、施工図のチェックを、急いでしないといけません。

いやあ、困った!
他の仕事ができない!



スタッフの面倒がみれない!

しかし、それだけではありません。



新しい建物のプランニングも、しないといけません。



また、不動産の動きも活発です。契約が、近いような気がします。

新しい物件情報も、入っています。



こちらも、皆さんのご好意に感謝、感謝!

ありがたいことです。



とはいえ、仕事の優先順位を考えて、自分でやらないこと。

そして、スタッフに仕事を振り分けることが大切ですね。



とにかく、スピード、スピード、スピード!

スピードに乗り遅れないように、これから戦争の一週間、頑張っていきますよ。



ただし、深夜や休日は、きっちり休みます!

それをやっちゃあ、おしまいです。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-21 23:09 | 日常生活

プランニング

f0071840_23135737.jpg

この休みの間に、3つのプランニングをしました。

三階建ての新築住宅、三階建ての住宅のリノベーション、そして一階の店舗。



また、本も数冊、読めました。

パソコンで調べものも、終わりました。



そして明日から、普段の生活が始まります。

そうすると、そんな時間のゆとりも、なかなかないと思います。



また、オフィスビルの施工図のチェックにも、追いまくられることになります。

その他、様々な打ち合わせが待っています。



そういう意味でも、貴重なお休みが、終わりました。

明日から、また戦争が始まります。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-16 23:13 | 日常生活

リノベーション

f0071840_1756397.jpg

お盆休みが、今日で終わります。

しかし、普段できない仕事が、いろいろ出来て、このお休みは有意義でした。



例えば、広島市の中心部、中古ビル購入の収支計画。

検討した結果、購入可能な金額が、わかりました。



また、呉市の中心部にある古いビル。

調査に二回入り、不明だった間取りを、解明しました。



いやあ、難解でした。



しかし、昭和30年代に完成した、このビルには感動しました。

鉄筋コンクリートの三階建て、凝った作り方をしています。



吹き抜けが、いたるところに、点在し、多様な空間を作っています。



設計者か施主が、よっぽど、こだわりがあった、ということでしょう。



47年前に、こんな建物が完成した、ということが素晴らしい!

なんとかして、残したい!



しかし、事業としてみると、別です。



リノベーションか、解体して新築するか?

悩みました。



昭和の遺産として、残したいのは山々です。

しかし、築47年では、エンドユーザーや銀行の理解が得られない!



苦渋の決断、新築を選びました。

しかし、解体の費用は、かなりかかります。



詳細な検討は、休み明けからスタートします。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-16 17:56 | 不動産

お墓参り

f0071840_02194.jpg

お盆の今日は、故郷の呉市に行って、毎年、恒例行事のお墓参りをしました。

ここは、親戚のお墓がある場所…。



山の上だから、眼下に呉湾が見えています。

その先には、広島市があります。



さて、我が家のお墓は、実家の庭にあります。

だから、お盆でなくても、しょっちゅう、お参りしてます。



仏壇にも実家に帰るたびに、お参りしています。
般若心経を覚えていましたが、もうかなり忘れているようです。



中途半端なお経では、仏様に失礼とは思いながら、毎回、お経を唱えています。



また、しっかり覚えないと…。



江口希之
by kishi-e | 2009-08-15 00:21 | 日常生活

世のため人のため

f0071840_1994340.jpg

我々が生かされている理由は、世のため人のため、になること。

大昔から、決まっている。



さて、私はというと、これからの仕事では、リノベーション。

本来なら、取り壊されて当たり前の古ビルを、よみがえらせる。



廃材がわずかしか出ないから、地球環境に優しい!

また、建設業にもリノベーションの仕事をもたらす。



そして、死んだはずのビルが、もう一度、命を吹き込まれる。

これからは、こういう時代になる。



スクラップ、アンド、ビルド、の時代は終わった!

さて写真は、広島市の中心部にある、五階建ての古ビル。



来月から、リノベーションを開始する。

内外ともに、大規模リフォームするのだ。



そもそも、古いだけではなく、機能やデザインも悪かった。

それを、私の仕事で生まれ変わらせる。



新築よりも、はるかに難しい!

当然、設計料は新築よりも高くなる。



しかしこれは、世のため人のため、になる仕事だろう。



なにせ我々の仕事は、やりがいがないと、やってられない!

なにせ、儲ける手段として、仕事をしているわけではない。



なんと言っても、地獄の仕事なのだ。

その上、やりがいがなかったら、バカバカしくて、やってられない!



江口希之
by kishi-e | 2009-08-12 19:09 | 日常生活