広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

トップライト

f0071840_2235654.jpg

f0071840_224010.jpg

f0071840_224249.jpg

今日、立ち寄ったリフォームの現場。

写真は、家の二階。



下地のボードが、かなり張り進んでいる。

だから、完成のイメージが想像しやすい!



そして、新しく付けたトップライトで、暗いはずの家の中心部が明るい!
しかし、施主の他の要望のため、最大限の効果とはいかない。



我々が狙った最大限の効果とは、2つのトップライトがすべての部屋に、光をもたらすこと。

そのために、らんまがオープンあるいは、ガラスにすること!



しかし、我々設計事務所も、お客さん商売。

お客さんの要望を、叶えないわけにいかない。



そのために、デザインが犠牲になるのは、致し方ない!

非常に残念だが、そういうこともある。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-30 22:03 | 建築

吹き抜けが好き

f0071840_2220710.jpg

f0071840_222074.jpg

f0071840_2220787.jpg

我が家の猫は、吹き抜けが好き。

あきずに、吹き抜けの下を、ずっと見ている!



寝そべって、身を乗り出して見ている!

しかし、もう子猫の時から慣れっこで、平気だ。


なにしろ、背の低い猫にとっては、吹き抜けは好都合。

また足元から、壁がなく手すりなのは、見通しバツグン!



だから猫同士も、コミュニケーションはバツグン!

見張り番にも、好都合。


もちろん、私も吹き抜けが大好き。

どんなに小さな家でも、吹き抜けを作る。



吹き抜けの効果は、猫だけでなく、人間にとっても絶大。

床面積を減らしてでも、快適なのだ。



皆さんも必ず、吹き抜けを作りましょう。

吹き抜けとは、縦に広がる空間。



そういう意味で、吹き抜けのない建築は、建築ではない、とさえ言える!


江口希之
by kishi-e | 2009-06-29 22:20 | 建築

定休日

f0071840_1432237.jpg

今日、水曜日は毎週、私の定休日。

だから朝から、マッサージに行った。



いつものように、ひどいと言われた。

最近は、左腕がしびれている。



今年前半は、右足がしびれていた。

とにかく、リラックス。リラックス。



ぼーっとする時間を、作ること。

そう、マッサージで言われた。その通り!



できないとあきらめずに、なんとしても実行しよう。



さて、不動産業者と電話で打ち合わせ。



そして、昨晩電話をくれていた、友人と電話。

儲かって、税金対策が大変らしい!



いまは、カフェで弊社のホームページのチェック。

リラックス、リラックス。そうでもないか…。



実は、早朝は出社して、メール確認と返信。

そうまでしないと、時間が作れない。



なにせ弊社は、残業禁止しているから、夜はできない。

それにしても、コラムが書けない。



風水は、なんとか書いているが、建築と不動産のコラムが最近、書けない。

とにかく、時間がない。
設計、現場、不動産、社外の打ち合わせ、社内のチェック…。



明日も、予定がびっしり。ヤレヤレ。

1日、八時間労働なんて、あっという間。



しかし、なんとしても、コラムを書かなくちゃ!
弊社ホームページへの、1日の平均アクセス、二万件という数字が、もうすぐそこに、来ている!


江口希之
by kishi-e | 2009-06-24 14:03 | 日常生活

雑誌掲載

f0071840_22133357.jpg

弊社の作品が、雑誌に掲載されました。

もう数え切れないほど、様々な雑誌に掲載していただきました。



ありがたいことです。



そして、雑誌もテレビも、いつも、取材協力費をいくらか、くださいます。

しかし、雑誌のなかには、逆にお金をとる雑誌もあります。



あるいは、お金をとるコーナーもあります。

今回の雑誌も、両方のコーナーがあります。



しかし弊社は、前々から有料のコーナーには、一切、出ません。



つまり、有料のコーナーはお金さえ出せば、誰でもどんな建物でも、掲載してもらえます。

つまり、広告宣伝です。


それも仕方ないこと!

マスコミも、経営が大変なのです。



いま、建設や不動産は、不況の真っ只中。

マスコミも例外なく、不況の真っ只中なのです。


お互いに、生き残りに必死なのです。

しかしお互いに、生き残るために、魂まで売り渡したくないのです。



つまり、いい仕事をしたいのです。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-19 22:13 | 経営とマスコミ

ビルの地鎮祭

f0071840_1334424.jpg

今日は午前中、ビルの地鎮祭に、設計者として出席しました。

五階建てで、面積は約1000坪。



施工者はスーパーゼネコン。

場所は広島駅から、徒歩で10分以内。



内容は、地球環境に配慮した、建物になります。



太陽熱利用、雨水利用、数十本の木々で敷地内の緑化。

さらに、屋上緑化、内部も緑化。



空調や照明器具の高効率や、自然採光に風を取り込むプラン!



外部デザイン的には、シルバーの外壁に、正面はガラス張りの四層吹き抜け!

平面は八角形をしており、確実に地域のランドマークになります。



内部デザインは、中央に建物を貫くトップライトと、四層吹き抜け!

それに連続する、ガラス張りのエレベーターが二台!



建物正面の吹き抜けとも呼応して、ダイナミックな空間になります。

完成すると、マスコミ取材や、全国から見学者がくることでしょう。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-18 13:03 | 建築

戸坂の家

f0071840_2113119.jpg

f0071840_21131189.jpg

f0071840_21131136.jpg

今、大規模リフォームが、進行しています。

場所は、広島市東区戸坂。



工事は二階がメインで、増築や改築をして、二世帯住宅に変身します。

外階段を付け、二階に玄関を作り、LDKや浴室も新設します。



一階は親世帯、二階は子供世帯として、完全に分離します。

どこにでもある、普通の規模の木造住宅が、大きな二世帯住宅に変身できるのです。



また、今まで未使用だった、屋根裏空間を利用します。

平たい天井を、屋根と平行に斜めにします。



そして、天井を高くして、ロフトを作り、収納力を増します。



邪魔な梁や、不要な梁は、整理します。

強度が足らない梁は、補強します。



確認申請を提出して、構造の安全性は保証されています。



また、トップライトを二カ所作り、今まで暗かった場所を明るくします。
一カ所は、家の中央にある、暗かった階段につけ、二階の廊下や一階の廊下まで、明るくします。


そして、朝日の当たらない部屋に、朝日を当てます。



さて、私はリフォームで、トップライトをよく使用します。

効果は例外なく、絶大です。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-16 21:13 | 建築

最近はバタバタ

f0071840_2318062.jpg

最近、なんか仕事が立て込んでいる。

古い仕事、新しい仕事、入り混じっている。



見積もりチェック、新築やリノベーションの設計、図面チェック、事業コンセプトの立案…。



しかし残念ながら、我々の仕事は大量生産できない。

設計もホームページも、手間がかかる。



そしてまだまだ、十分とは言えない。



それに比べ不動産は、たいした手間はかからないが、冷え込んでいる。

動きが悪い!



それにしても、弊社には不動産のお客さんが、たくさんついている。

これは、ありがたい!



お客さんのためにも、なんとかして、成約したいものだ。

そのためには、新しいシステムも必要だ。



さて最近、最重要課題のホームページに、手が避けない。

悔しい!



3つのコラムも、満足に書けない。



とにかく、ホームページに絞って仕事をしても、かなりの量がある。

内容は、まだまだだ。



弊社の目標は、はるかかなたにある。

こんな所で、立ち止まっている訳にいかない。



毎日、時間との戦いだ。


江口希之
by kishi-e | 2009-06-15 23:18 | 日常生活

不規則な美しさ

f0071840_1242752.jpg

古来から、建築の美しさは、様々に論評されてきました。



美しくないものは、建築ではない。

美しいものは、機能的である。

機能的なものは、美しい。



いずれも、世界的な建築家の、言葉です。

もちろん、すべて正しいことです。



さて、美しさには、規則的なものと不規則なものがあります。



規則的なものの代表は、左右対象です。

生物の大半が、そうですね。



しかし自然界には、山や木々、川など不規則な美しさもあります。



建築にも、規則的な美しさと不規則な美しさがあります。



写真は不規則ですが、美しい!

世界的なファッションブランド、ティファニーのビルの、玄関ホールです。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-10 12:04 | 建築

無駄は素晴らしい

f0071840_22112794.jpg

この建物は、東京、西銀座の入り口に立つ、静岡新聞社。

完成して、もう40年は経つでしょう。



そして、角地ですが小さな敷地に、いっぱい空いた場所があります。

世間は、無駄なスペースと言うでしょう。



しかし、その無駄こそがこの建物に、命を吹き込んでいます。



足元は池、そして空中にはテラス。

床面積を確保するため、上に伸びています。



中央には、丸い階段とエレベーターのシャフトがあり、シンボリックです。



なんと言っても、40年前、世間は圧倒的に、つまらない建物ばかりでした。

理解者は、少なかったはずです。



そんな時代に、建てることが出来たのは、素晴らしいことです。

設計者は、文化勲章受賞者、世界的に有名な建築家、丹下健三氏。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-08 22:11 | 建築

東京、大手町

f0071840_154456.jpg

f0071840_1544550.jpg

ここは、東京の丸の内に隣接する、大手町。

江戸城の大手門の前にある、門前町です。



そして、いまは日本を代表する大企業の本社が、あります。

銀行、商社、新聞社、などなど…。



さて写真は、最近、完成したビルで、3つの団体の入っています。

日経連、JA、日本経済新聞社。



足元ではつながり、道路に面した外壁は、総ガラス張り。

公共性をアピールしています。



また、吹き抜けとエスカレーターで二階や地下につながっています。

地上にはカフェ、地下にはレストランもあります。



上部の高層は、それぞれ3つに独立して、オフィスになっています。



道路に面した敷地の一部は、歩道に差し出し、緑化しています。

つまり、民有地なのに、都市機能、空間に貢献しています。



大規模ビルが、3つつながった効果が、しっかり出ています。



江口希之
by kishi-e | 2009-06-06 15:44 | 建築