広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

<   2008年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新聞の取材

f0071840_2163570.jpg

今日の夕方、中国新聞の取材が来た。

設計事務所は、廃業する会社も多いらしい!



先日、取材に来たテレビ局も、厳しいと言っていた。

マスコミも、みんな厳しいらしい。



当然のことながら、建設業界、不動産業界、みんな厳しい!



そんななか、弊社は極めて忙しい!

ありがたいことだし、支えてくれている、すべての世間様に、ただただ感謝している。



しかし、嬉しくはない。
いいときこそ、気を引き締めて、かからないといけない!



それに、求人募集しても、相変わらず人は来ない!

土砂降りの業界に、来る人はいないのか…。



世間の設計事務所は、求人募集で苦労したことはない、という。

弊社は、恐れられているらしい!



そんななか、いかにして、このチャンスをものにするか…。

最近、そればかり気にしている。



チャンスは、たびたびめぐってこない!

もちろん、努力した人にだけ、めぐってくる。



しかし努力しても、チャンスはこない時もある!
努力の仕方が、大切なのだ。



そう考えると、喜んでなんかいられない!

むしろ、毎日、悩み苦しんでいる。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-28 21:06 | 経営とマスコミ

解体工事の現場

f0071840_14464163.jpg

今日は午後から、解体工事の現場に行った。

古ビルをリノベーションして、テナントビルに再生する。



写真は一階の入り口付近。


ここにあったリフトの壁も、なくなっていた。

各階もかなり、スケルトンに近づいた。



ホームページに乗せるため、写真を撮ったが、ホコリで雪が降ったようだ。



今日の目的は、どこまで解体するか、職人さんと協議すること。



若い職人さんたちが、ホコリにまみれて、頑張っていた。

みんな若くても、立派に仕事をしていた。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-28 14:46 | 日常生活

嵐の1日

f0071840_2293068.jpg

毎日、戦争、毎日、嵐。そんな気がするのは、気のせいか。



さて、休み明けの今日は、ただでさえ午前中はドタバタ…。

それなのに、さらに外部で、定例打ち合わせの予定。



いつも10時から始まって、三時間はかかる。

しかし、今日は午後一時から、西区の銀行で決済がある。



だから、12時に終わる予定が、やっぱり伸びた。

だから、私は途中で退席した。予定はしていた。


とにかく休み明けに、2つのビックイベントが重なったから、嵐が吹き荒れる。



その間に、私のマナーにしている携帯電話は、鳴りまくっていた。

しかし、とれない!

昨日も鳴りまくっていたが、休みだから出れない!



そして案の定、昼ご飯は移動中の車のなかで、運転しながら、おにぎり一個、済ました。

二度目の昼ご飯は3時すぎ、やっぱり車のなかで運転しながら、おにぎり一個。



帰社して五時から、予定していたお客さんが来社して、打ち合わせ。



夕方7時すぎから、ホームページと2つのコラムを書いた。

IT企業なのに、大したことが出来ていないのが、悔しい!



そして、退社が8時半になった。

またまた、8時を超えてしまい自己嫌悪。



経営者として、非常に情けない思いをした。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-27 22:09 | 日常生活

テレビ放送

f0071840_17331441.jpg

今日は定休日だが、大手町ビルの現場に、呼ばれて行った。

写真のように、室内の解体工事をしている。



しばらくして、私が出演した、テレビ放送が始まった。

広島テレビの、夕方五時からの番組だ。



今回は、中古マンションやリノベーションのことで、コメントしている。
わずかな時間だったが…。



さてこれからは、新築が減りリフォームやリノベーションが増えるだろう。



そう言われて久しいが、やっと顕著になって行くだろう。

弊社も、そういう傾向にある。



地球環境のためにも、いいことに違いない!



しかし、新築よりも難しいから、あらゆる意味で注意は必要だ!

施主も我々も…。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-26 17:33 | 経営とマスコミ

グリーンセンター

f0071840_1938543.jpg

今日、安芸郡府中町を車で走っていたら、ショックなことがあった。

植木屋さんのグリーンセンターが、跡形もなく、なくなっていた。



なぜなんだ。どうしてなんだ?


私の家にも、数十本、ここから購入して、大好きな空間だったのに…。



そもそも近年は、都市の緑化は、世界的なトレンド…。

それなのに、植木屋さんの撤退は、時代と逆行している。



私の家の庭には大小、数百本の木々があるが、なお増やそうとしている。


もっともっと、都会に木々を増やそう。

田舎にも、失われた森林を再生しよう。



特に広葉樹を増やそう。
建設資材の松や杉や桧は針葉樹、日本の山の大半は針葉樹。



しかし、広葉樹の方が圧倒的に、環境に寄与する。

私の家の庭は、すべて広葉樹。



とにかく、広葉樹を増やそう!



江口希之
by kishi-e | 2008-11-24 19:38 | 日常生活

ルールを守る

f0071840_0154714.jpg

仕事を進めるに当たり、依頼者の施主も、受託者の我々も、ルールを守るのは当然。



しかしなかには、ルールを守らない人がいる。

困ったものだ!



ルールというのは、契約書のこと。

我々の仕事は、図面枚数を決めて、工事監理回数を決めて、図面通りの建物を造ること。



これしかない。
弊社は絶対に、契約書は厳守している。

施工者も同じこと。



それなのに、契約書に従って、注文通りの建物を完了し、引き渡しも完了しても、後になって、なおいろんな注文を付ける人が、ごくたまにいる。


つまり、ルールを守らない人、契約書を守らない人だ!



スタッフも工務店も、関係者一同、困惑する。

貴重な時間も、奪われる。



そんな非常識な人は、自分が非常識なことに気づいていない!

これが問題だ。原因は、今までの生活習慣だろう。



とにかく、社会人として、ルールを守るのは当然。

後になって気がついて、注文を付けたい人は、当然、費用を出さないといけない!



契約書にも、明記してある。

しかし、ルールを守らない人は、費用を出そうとしない!



だから、非常識な人なのだ。困ったものだ!



そもそも、弊社は相手を見て、仕事をするかしないか決めている。

なんでもかんでも、受けたりしない!



言葉づかい、態度、常識、価値観…、危険な人は仕事をおことわりしている。

君子、危うきに近寄らず…、大切なことだ!



しかしたまに、非常識な人と見抜けず、仕事をしてしまうこともある。

残念なことだ!



とにかく、お互いルールは守りましょう。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-24 00:15 | 日常生活

テレビ取材

f0071840_182159.jpg

先々週のTSSに続き、今日は広島テレビの取材があった。

今回のテレビ取材は、コメント取りだけ…。



たいていは、弊社が設計した建物の取材だが、コメント取りだけ、ということもたまにある。

私としては、マスコミは大好きなので、あっと言う間に終わって、残念だった。



放送は来週水曜日、5時くらいから、だそうだ。
ご覧いただければ、幸いです。

お楽しみに。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-22 18:02 | 経営とマスコミ

楠木ビル

f0071840_1554351.jpg

今日は午前中、三件の打ち合わせを終わらせた。
そして、午後から西区の楠木ビルの現場に、行ってきた。



リフォームというより、リノベーションの工事で、四階はガランドウになった。

計画としては、先行して四階を終わらせ、次に三階を終わらせる。



四階には個室、三階にはLDKや客室を造る。

難しいのは、既存の設備配管ルートの確認。



しかし、四階は問題なく終わりそうだ。



写真には弊社スタッフと、工務店の社長と現場監督さんが、写っている!


江口希之
by kishi-e | 2008-11-21 15:54 | 日常生活

スタッフ募集

f0071840_14453693.jpg

只今、弊社ではスタッフを募集しています。

業務拡大中のため、なんとしても、補充したいのです。



ただし、設計監理の経験者で、建築士を持っている人に、限ります。

土砂降りの景気、しかも厳しくなる法規制のなか、業界もレベルアップが、求められています。



したがって、実務経験や建築士免許がない人は、残念ながら対象になりません。



ふるって、応募してください。



江口希之
by kishi-e | 2008-11-20 14:45 | 経営とマスコミ

解体スタート

f0071840_11392526.jpg

中区大手町の中古ビルの、内装の解体工事が、昨日、スタートした。

一階正面の外壁は、昨日、撤去された。



トラックが荷台を突っ込むため、先行している。


さらに今日は、写真のように三人の職人さんが、正面の外壁に足場を掛けている。



こうした下準備が終わると、いよいよ、解体工事が本格化する。

なにせ図面がないから、内部を解体したあとでしか、確認出来ないことが、いろいろある。



梁の位置や設備配管や配線、空間の広がりや光の入り方…。

しかし、ある意味、解体が終わるのか、非常に楽しみ。



今のままだと、どうしょうもないボロビル…。

それが、その後のリノベーションによって、古びるは生まれ変わる。



関係者が驚くような、立派なビルに生まれ変わる。

そう考えると、ワクワクする!



江口希之
by kishi-e | 2008-11-19 11:39 | 日常生活