広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧

中山中町の家

f0071840_124194.jpg

写真は、木造三階建ての中山中町の家。
二階LDK前の、階段まわり…。

家の中心を、四本の柱が支えている。



そして、内部は床も天井も、杉板張り。
梁も露出して、木の香り漂う空間だ。



しかし、ふつう三階建ては、こうはいかない。

都心部なら防火地域だから、木は露出できない。

つまり柱も梁も、ボードで包まなければならない。



郊外でも、合板で床を強固にしたり、構造体が複雑だから、ふつう天井ボードをはる。

だから、こういう三階建ては、世間にめったにないのだ。



普段、木だらけの空間を作りなれている弊社でさえ、初めて達成した。



木造三階建てで、木に囲まれた空間。

実はいままで、多くの人が望んでも、なかなか手に入らなかった、理想の家なのだ。



江口希之
by kishi-e | 2008-07-30 12:41 | 建築

日曜日も仕事

f0071840_2222945.jpg

今日、日曜日もいつものように朝から、家で一日中仕事。

もっとも、暑くて外出する気も失せてしまうが…。



さて最近、パソコンを見る時間が長いから、首や肩こりがひどい!


執筆活動もあるし、コラムやブログを書くのもきつい!




それにしても、私の仕事時間が、あまりにも長すぎる。

こうまでしないと、仕事がはけないから、悲しすぎる。



まあ、そもそも設計事務所は、地獄の商売だから、仕方ないのか…。


しかし、弊社はある意味、特別やりすぎだ。


というのも、平日毎日、朝と夕方、社内の定例会議をしている。


その上さらに、月曜日は経営会議、木曜日は不動産会議をしている。

今後、さらに営業会議も定例会議にしようとしている。



こうまで、している設計事務所はない!
しかし、そうまでしないと、私もスタッフも不安だ…。

ああ、いかんいかん。この考え方が、自分の首を締めている。



昔を思うと、私の修行時代、こうまで、トップと密に打ち合わせする設計事務所は、なかった!

いずれも、日本を代表する設計事務所だ。



そしてふつうは、1日に一回もトップと打ち合わせはない。
中には、1ヶ月に一回程度の設計事務所もある。

そうなると、もちろん、手戻りも激しいし、現場もしっかり待たす。



日本を代表する設計事務所のトップだから、それは、仕方ないことだ。



それを思うと、トップの私は、もっともっと手を抜かないといけない。

これからさらに、仕事が増えて忙しくなる。



その時、今の仕事のペースでは、物理的に成立しない…。




だいたい、これ以上のペースになると、私の体がもたない!
これだけは、間違いない!



江口希之
by kishi-e | 2008-07-27 22:22 | 日常生活

中山中町の家

f0071840_15393631.jpg

今日は午後から、築40年以上の古びるに行ってきた。

私はもう、二度目になる。


今日の目的は、見積もりのために、職人さんたちに見てもらったのだ。


先日、概算見積もりで施主の予算内で、できることは確認済み。


これから、リフォームの正確な見積もりを、出してもらう。
リフォームは、工事も見積もりも、新築よりも難しい!



さて、その帰りに、新築の現場に立ち寄った。


写真の広島市東区の、中山中町の家だ。


足場や仮囲いがなくなって、今日、初お目見えとなった。


きっと、地域のランドマークに、なるだろう。


江口希之
by kishi-e | 2008-07-25 15:39 | 建築

楠木の家

f0071840_15192462.jpg

写真は昨日の楠木の家。

上棟が近づき、仮囲いや足場が建っている。

おかげで、建物のボリュームがわかってきた。

さてこの家は、一階は鉄骨、二階と三階は木造の混構造。

一階の鉄骨は終了し、中間検査も受けた。

いよいよこれから、大工さんの出番。

二階と三階の、木造の上棟が始まる!


敷地は15坪と小さいが、様々な空間が用意されたこの家。

中庭、吹き抜け、ロフト、サイドトップライト…。

これから、大工さんも大変かもしれない!

特に、中庭に隣接する階段周りが、出来栄えに左右されるくらい、大切になる!

江口希之
by kishi-e | 2008-07-24 15:19 | 建築

忙しい8月

f0071840_22161069.jpg

今日は朝から経営会議、売り上げをチェック。

そして引き続き、朝の定例会議。

担当者の仕事と、スケジュールのチェック。



いやあ、来月8月は、かなり忙しくなりそうだ!



世間は不景気で、建設業も不動産も仕事がないという!

さらに、大きなお金を動かしている大手は、資金が回らす、倒産の危機が迫っている!



また、施工の前段階である、設計事務所は、まったく仕事がないという。


それを思うと、弊社はありがたい状態にある!

皆さんのご支援に、感謝感謝…。



しかし、これはまたとないチャンスでもある。

これを絶対、逃してはならない。



と…毎日、自分に気合いを入れている。


江口希之
by kishi-e | 2008-07-22 22:16 | 日常生活

設計料の非常識

f0071840_10353861.jpg

我々の設計の世界には、悲しい話が本当に多い!


しかも、間違ったままの歴史が長い!


その一つが、設計料…。



いまだに、間違った認識が、世間でまかり通っている。



一般的には、施工金額の何パーセント、という言い方をする。


しかし、それは大間違い!

こういう言い方は、独占禁止法で禁止されているのだ。



それなのに、マスコミでさえ、いまだに使うから世間も勘違いしてしまう。


やれやれ。
困ったものだ!



正しい設計料は、日掛け計算なよって、求められる。

もちろん弊社は、合法的な日掛け計算から、算出している。


さてこの方法は、国土交通省が、建築基準法の告示で、定めているのだ。


そして実は、さらにその前身、建設省の時代に制定されたもの…。



それを、長く引き継いでいるだけなのに…。



つまり、もう数十年間、法で定められているのに、いまだに浸透しない。


もう本当に、困ったものだ!


ただし、そのほうが都合のいい人達も多い!


だから、困る!



ゼネコンや工務店やハウスメーカー。

つまり、社内で設計施工したい人達。


そして、施主、クライアント…。


理由は、何パーセントの方が、早いし理解しやすいからだ。

しかし、建築の設計はそんなに簡単ではない。



生命保険料や車の保険料でさえ、算出は難解なものだ。



江口希之
by kishi-e | 2008-07-21 10:35 | 経営とマスコミ

10時で37度!

f0071840_1057496.jpg

ここは、八丁堀交差点、朝10時すぎ…。

ふと見上げると、気温の電光表示が、なんと37度。



朝からかい!
暑いはずだぁ!


しかし、健康のため、地球温暖化防止のため、そして仕事のため、私は歩いてる。

街角ウォッチング…。



経営者にとって、本や新聞を読むより、大切と言われている。


歩いてるとき、新しいアイデアが生まれるらしい。


凡人の私には、なかなか難しい~!


しかし、激動の世の中、なんとかしないといけない!


だから、歩かないと…。



江口希之
by kishi-e | 2008-07-20 10:57 | 日常生活

ついに破綻

f0071840_1856392.jpg

いやあ、とうとうキョウエイ産業が破綻。

負債総額は87億円。

広島市安佐南区が本社の建設会社で、上場企業の破綻だ。

前々から噂はあったが、現実のものになった!

取引先の連鎖倒産が心配だ。

なんといっても、この時代、下請け会社も体力がなくなっている。

その上、手形が不渡りになったら、ひとたまりもない。

しかし、広島の建設会社で危険なところは、まだまだある。
不動産会社で危険なところも、たくさんある!

これを皮切りに、これからドンドン、広島でも大型破綻が相次ぐだろう。

そして、連鎖倒産も…。

といっても、首都圏を含め、他県ではもう、大型破綻は始まっている。

広島は遅いくらいだ。


江口希之
by kishi-e | 2008-07-19 18:56 | 日常生活

トップライト

f0071840_12584924.jpg

毎日、猛暑が続く。
今年の夏も記録的な猛暑になるだろう。
写真は、我が家のトップライトから、お昼の日差しが、壁を照らしている。

さすがに真夏、角度は垂直に近く、太陽は高い!

トップライトがあると、昼間の照明はいらない。

しかし、冬は暖かくていいけど、夏のトップライトは厳しい!

そんなとき、ロールスクリーンもあるから、日差しを調整すればいい。

昔は嫌う人が多かったが、最近ではまったく違和感はないようだ。

弊社も多用している。

少なくとも、日当たりの悪い敷地では、必需品だ。


江口希之
by kishi-e | 2008-07-16 12:58 | 建築

基礎工事

f0071840_23312656.jpg

写真は、安佐南区の高取南の家。

木造二階建ての、基礎工事をしている。
地球温暖化に備え、出が1200の深い庇が特徴の家だ。

そして、高断熱仕様で、エアコンを使わないことを、前提としている。

断熱性能は、建て売り住宅の六倍以上、注文住宅の四倍以上。

また平面計画は、回廊形式で家の中が、一周できる!

中心は二間続きの和室で、四方を大黒柱が囲む。

ふすまは、壁の中に引き込むことが出来る。

だから、隣接のLDKと一体となり、大空間になる。

当然、風通しも抜群だ!

古き良き時代の手法を、現代に再現している!

ただそれだけ…。

しかし、なかなか巡り会えない、素晴らしい家になるはずだ。


江口希之
by kishi-e | 2008-07-15 23:31 | 建築