広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

カテゴリ:神社仏閣巡り( 85 )

尾道の久保八幡神社

f0071840_183894.jpg

f0071840_183828.jpg

f0071840_183855.jpg

f0071840_183824.jpg

尾道の久保八幡神社、不思議な神社だ。

近くの艮神社も、不思議だけどー。

さて、最大の不思議は、長い参道の延長上、南側、真正面に、正体不明、由緒伝来不詳の八坂神社があること。

つまり、二つの神社が、ピッタリ向かい合ってる。

そして、この八坂神社は、なんと北を向いている、ということ。

こんなの、見たことない。

本当に、不思議な構成だ。何か意味が、あるはずだ。

さて、久保八幡神社の歴史は1150程度だが、祭神も起源も応神天皇だから、1700年以上の歴史になる。

亀の形をした、この小山は、さらに古代においても、聖地だったろう。

そして、境内も立派だが、参道もまた立派。

鳥居や燈籠、立派な神門もあり、とにかく長い。

しかし、今は国道と鉄道に、分断されている。

つまり神社のパワーは、そこで断ち切られている。残念なことだ。



江口
by kishi-e | 2011-08-31 18:03 | 神社仏閣巡り

兵庫県の笠形神社

f0071840_1483598.jpg

f0071840_1483615.jpg

f0071840_1483667.jpg

f0071840_1483642.jpg

兵庫県市川にある笠形神社。

笠形寺のさらに徒歩45分、山の上の上。

超長くて、急斜面の参道は、死ぬほどつらい。

15分ごとに休憩し、沢の水で身体を冷やしながら、登った。

午後も遅かったせいか、誰にも会わない。

うっそうと繁る、森の中は怖いが、ここまで来たら、引き返せない。

そして、やっと到着。素晴らしいお堂が並ぶ、広い境内。

こんな山の中に、壮大な神社があり、巨木が立ち並ぶ。

まさにパワースポット、本当に素晴らしい。

姫路城の天守閣の心柱は、ここから運び出している。


江口
by kishi-e | 2011-08-29 14:08 | 神社仏閣巡り
f0071840_13481770.jpg

f0071840_13481761.jpg

f0071840_13481713.jpg

f0071840_1348171.jpg

兵庫県の朝来市、山奥にある鷲原寺。

11万ヘクタールを越える、広い境内です。

1300年以上の歴史があり、お目当ての奥の院は、まだまだ先、山の上にある、岩屋観音になります。

しかし、ここに行く参道が、恐ろしく長く険しい。

車で行ける所まで行き、今度は川沿いの石畳を、歩きに歩き、やっと開けた空間、手水場に到着。

山水が冷たくて、気持ちいい。

しかし岩屋観音まで、さらに急勾配の石段が続きます。

そして、やっとお堂に到着、しかし、工事中。ありゃりゃ。

結局、洞窟の中の磨崖仏は、見れませんでした。

残念。



江口
by kishi-e | 2011-08-29 13:48 | 神社仏閣巡り

尾道の艮神社

f0071840_1850731.jpg

f0071840_185072.jpg

f0071840_185071.jpg

f0071840_1850736.jpg

マニアしか知らない、尾道の艮神社。

映画やアニメの舞台にもなってる。



今日の予定になかったが、参道入口に立つと、吸い込まれるパワーを感じた。

同じように感じた人が、フラフラと境内に吸い込まれて行く。



境内も素晴らしく、樹齢900年の御神木、巨石、水、多くの併設神社もある。

まさに、風水のパワースポットだ。



さて、名前の「うしとら」は、北東の鬼門を示す。

つまり、何かの鬼門を守る神社、ということになる。



南西には、伊予の国の一宮、大山祇神社がある。

日本の総鎮守と言われている、大切な神社だ。



それなのに、艮神社の社格は、村社と非常に低い。

歴史は山の上にある、有名な千光寺とまったく同じ、約1200年前に創建。



おまけに、境内の真上をロープウェイが走る。

なんとも、不思議な神社だ。



江口
by kishi-e | 2011-08-18 18:50 | 神社仏閣巡り

尾道の西国寺

f0071840_1751157.jpg

f0071840_1751122.jpg

f0071840_1751168.jpg

f0071840_1751136.jpg

広島県尾道市にある西国寺は、真言宗の大本山。



今から約1300年前、奈良時代に創建され、かつては山陽道随一の伽藍があった。

その後、たびたび火災にあっているが、天皇の勅命により復興。



今も、尾道で最大の寺院だ。



さて、山腹にある三重塔は、室町時代、足利幕府の六代将軍の寄進。

また金堂も625年前のもので、共に国の重要文化財。



さらに、この寺院のシンボル、大きなぞうりを吊した、仁王門は県の重要文化財である。



江口
by kishi-e | 2011-08-18 17:51 | 神社仏閣巡り