広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

カテゴリ:建築( 239 )

織田信長の本廟

f0071840_1931338.jpg

f0071840_19313370.jpg

f0071840_19313363.jpg

安土城跡にある、織田信長の本廟です。

二の丸跡に、豊臣秀吉が作り、刀や烏帽子、直垂を埋葬したらしいです。



そして一周忌には、織田一族や家臣を集め、盛大に法要を行いました。



骨はないようですが、立派なお墓です。

周囲を石塀で囲み、中央の門を入って、石のお墓があります。



正面にはお堀のような、大きな溝があります。

大恩人に対する、豊臣秀吉の感謝の気持ちが、感じられます。



江口
by kishi-e | 2011-01-27 19:31 | 建築

安土山の摠見寺

f0071840_14171679.jpg

f0071840_14171676.jpg

滋賀県にある安土山、そこに織田信長の居城、安土城がかつてありました。

その山中の西側に、菩提寺として、密教の摠見寺を信長は作りました。



ただし残念ながら、江戸時代末期に本堂など、中心施設を焼失してしまいました。

寺はいま、安土城へと続く、大手道沿いの徳川家康邸跡に、再建されています。



ただし、山の中の境内には、創建当時のまま、立派な三重塔と仁王門が残されています。

共に、安土城と共に建てられ、重要文化財に指定されています。



江口
by kishi-e | 2011-01-27 14:17 | 建築

近江商人

f0071840_1949894.jpg

f0071840_194995.jpg

f0071840_1949991.jpg

大豪邸が、立ち並ぶ町並み。

ここは近江商人、発祥の地です。



彼らは、信用を重んじ、あくどい大儲けを慎みました。

世のため人のための商売を、念頭に置きました。



いつの時代も変わらない、商売、成功の基本ですね。



そして、公共の橋の普請や寺社仏閣への寄進も、活発だったといいます。

また、地元に留まらず、日本全国や海外にも、出て行きました。



近代に入り、相場や株の時代に入っても、近江商人は多数、活躍しました。

いつの時代も、日本経済の発展に、多大なる貢献をしたのです。



江口
by kishi-e | 2011-01-26 19:49 | 建築

近江の八幡掘

f0071840_17493837.jpg

f0071840_17493884.jpg

日牟礼八幡宮のそばにあり、八幡山の城を守る、お堀です。

しかし、城の主である秀次は、琵琶湖から続く運河として、利用することを許しました。



これが、近江商人の活躍の原動力に、つながります。

お堀沿いに、蔵が立ち並び、荷物の上げ下ろしをしました。



お堀沿いの石畳や石段、そして蔵、今も風情があります。

そのため今も、時代劇のロケに、使われています。



江口
by kishi-e | 2011-01-26 17:49 | 建築

日牟礼八幡宮

f0071840_17362525.jpg

f0071840_17362565.jpg

f0071840_17362517.jpg

近江八幡の総社、日牟礼八幡宮です。

千年以上の歴史がある、古刹です。



ここは、全国に名高い、近江商人達から、厚い信仰を集めました。

近くには、商人達の豪邸も立ち並んでいます。



後ろにある山は、八幡山で、かつては豊臣秀次の城がありました。

秀次は秀吉の養子で、秀吉に実子ができ、謀反の疑いで自害さされました。



しかし、近江商人や町の発展に、かなり寄与したようです。



江口
by kishi-e | 2011-01-26 17:36 | 建築

近江八幡

f0071840_9125783.jpg

f0071840_9125887.jpg

f0071840_9125839.jpg

ここは滋賀県、近江八幡市。

正面の山は八幡山、左右の奥には琵琶湖が見えます。

近江商人の発祥の地として、有名です。

左手琵琶湖の向こうに、比叡山があります。



江口
by kishi-e | 2011-01-26 09:12 | 建築

東大寺、三月堂

f0071840_20521284.jpg

東大寺の境内にある、三月堂。

正式には法華堂といい、奈良時代の建築であり国宝です。



二月堂の南側にあり、正面は南向きです。

二月堂に比べると地味ですが、貴重な建築です。



実は、奈良時代の部分は北半分の正堂しかなく、屋根は寄棟でした。

鎌倉時代に増築された南半分は礼堂で、屋根は入母屋。



西から見ると、明らかにわかります。



ただし奈良時代には、正堂と礼堂、二つのお堂は別棟で離れていました。

礼堂は兵火で、焼かれたのでしょう。



それにしても、似た大きさの建築を、ピッタリくっつけて、増築した例は珍しい。

私は、ダイナミックな三月堂のほうが、好きです。



江口希之
by kishi-e | 2010-09-28 20:52 | 建築

東大寺、二月堂

f0071840_21244653.jpg

f0071840_21244647.jpg

f0071840_2124461.jpg

f0071840_2124469.jpg

奈良の東大寺にある、二月堂。

境内の高台にあり、東を背に西に向いて、建っています。



しかも、斜面に突き出すように、建っています。

ダイナミックで美しい建築で、国宝に指定されています。



ここでは、お水取りの行事が毎年、行われています。

建物は、この行事に特化しており、非常に特異な建築です。



右横の階段を上り、南から西に回廊に回り込むと、眼下に絶景が広がります。

東大寺の大仏殿、さらに奈良の中心街が、見えます。



江口希之
by kishi-e | 2010-09-27 21:24 | 建築

癒しの空間、龍穴神社

f0071840_23501743.jpg

f0071840_23501715.jpg

ここは、奈良の山奥、龍穴神社。

風水のパワースポット、癒しの空間、龍穴です。



そして、この赤い社殿は、拝殿の後ろにあり、普段は見えません。

皆さんも神社に参拝したら、拝殿でお参りするだけではいけません。

是非とも、その後ろに回り込むといいです。



ここには、近づくことができない本殿がありました。

森閑とした、森の中にあります。



もちろん、参拝者もまったくいません。

しかし、ただ者ではない清涼な気を感じます。



大地のパワーは強大で、癒されます。

病気があったら、毎日かようと治るのでは、ないでしょうか。



私はここに、しばらくいました。

それだけ、価値がある場所です。



身体の中まで、洗われる気がしました。

風と水の音が、聞こえます。鳥の声も、たまに聞こえます。



そんな雰囲気を、偶然に飛行機の音が、邪魔をしました。



人里離れた、こんな山奥に、古代に発見された神域です。

今は来る人もなく、ひっそり、たたずんでいます。



江口希之
by kishi-e | 2010-09-25 23:50 | 建築

興福寺、八角円堂

f0071840_23164875.jpg

f0071840_2316497.jpg

奈良の興福寺、ここにも、八角円堂があります。

風水では、八角形は全方位、つまり宇宙を示します。



四方を東西南北といい、東南、南西、北西、北東を加えて八方と言います。



寺院建築としては、持ってこいのアイテムです。

ゆえに、ここ奈良にも、八角円堂がたくさんあります。



ちなみに、東京の日本武道館も、八角形ですね。

私の家も、八角形です。



江口希之
by kishi-e | 2010-09-25 23:16 | 建築