広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

カテゴリ:建築( 239 )

川内の家

f0071840_20491867.jpg

今日、安佐南区の川内の家の現場に立ち寄った。

小さい家だが、地域で目立っている。

そして予定通り、屋根越しの日当たりは、抜群だ。

さていよいよ、現場は終盤戦だ。

来週は、事務所の完成検査、これが一番、重要だし徹底的にやる。

そして再来週、役所の完成検査、これはオマケのようなものだ。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-02-16 20:49 | 建築

競争入札

f0071840_20315064.jpg

ここは、東区中山、弊社から近い場所。
この敷地に、これから木造三階建てを建てる。

実施設計は終わり、只今、数社の工務店で、競争入札をしている。

そもそも、この場所には古屋があったが、写真のように解体工事を終えた。

そして、三階建てを建てるに当たり、地耐力試験もした。

昨年の法改正で、三階建てのハードルが高くなった。

これから、問題の確認申請をすませ、後は、入札結果をまつばかりだ。

そして、春に着工して、秋には完成する予定だ。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-02-16 20:31 | 建築

東南の高窓

f0071840_2325696.jpg

写真は、川内の家の西側だが、さらに右側には東南面も見えている。

そこには、ズラリ高窓が並んで、この家の、端から端まで貫いている。

隣の家の屋根越に、東南の日差しを確保するためだ。

家にとって、日当たりは何より大切なのだ。

当分、インターネットがつながらないので、携帯電話から送信した、ブログでご紹介した。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-02-08 23:25 | 建築

連窓

f0071840_23152472.jpg

写真は、川内の家の北西面。

工事用の簡易トイレが邪魔だが、外壁は門型になっている。
また二階の窓は、横に連続する窓。

そこからさらに室内には、東南のロフトの窓が透けて見える。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-02-08 23:15 | 建築

吹抜と中庭

f0071840_234048.jpg

最近、予算のないお客さんは多くなった。

それなのに、求める内容は大きい。

特に、吹き抜けや中庭を希望する人は多くなった。

それは、弊社としては大歓迎、面白いものが出来るから、ありがたいことだ。

何よりも建築は、仕上げよりも空間が大切だから、吹き抜けや中庭は望ましいこと…。

しかし、予算あってのことだから、坪単価50万円以下のローコスト住宅では、非常に危険だ。

ともに面積には入らないが、内壁や外壁は増え、足場も増えるから、お金はかかるのだ。

それでも設計者としては、面積を小さくしたり、設備機器のグレードを下げてでも、吹き抜けや中庭をなんとかして実現したい。

さて、最も安く家を建てようとすると、木造二階建て…。

弊社の最近の実績では、安値の限界は、1100万円だが、面積は25坪以下で、吹き抜けや中庭はなしだ。

もちろん、駐車場は完全に屋外にしないといけない。

施工費1300万円あるなら、延べ床面積25坪程度で、吹き抜けや中庭が、出来るかもしれない。
敷地の条件や、吹き抜けや中庭の大きさにも左右するが、坪単価50万円くらい…。

かなり厳しいが、そのあたりが、きっと限界だろう。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-01-19 23:40 | 建築

高窓

f0071840_15523223.jpg

今日は、川内の家に行ってきました。

写真は、日当たりのいいはずの東南面ですが、隣地に建物があります。

手前の空き地にも、いずれ家が建ちます。

しかし、なんとしても東南の日当たりを確保したい。

そこで、端から端まで高窓を造りました。

そこから、日当たりを確保します。

高窓の場所は、室内では端から端まで、ロフトになっていて、天井はリビングやダイニングに斜めに下がっていきます。
だから、高窓のメンテナンスも簡単に出来ます。

また、二階のリビングやダイニングにも、東南の日当たりをもたらしてくれます。


江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2008-01-17 15:52 | 建築

弊社社屋について

f0071840_16494046.jpg


写真は超ローコストで建てた、弊社社屋です。

ローコスト需要の高まりを受けて、実験的に計画しました。

1階は鉄筋コンクリート打ちっ放し、2~3階は軽量鉄骨造となっています。室内は下地材のまま、仕上げをまったく、していません。壁は下地のプラスターボードのまま、天井は上階の床の根太が見えています。

完成して五年の間に、テレビカメラも七回来ました。

そろそろ、内部仕上げをしようかと、考えている今日この頃です。
by kishi-e | 2006-05-25 16:58 | 建築

産婦人科病院の設計

まだ提案の段階だが、現在、産婦人科病院の計画を進めている。

弊社では、すでにいくつかの実績があるので、病院、特に産婦人科医院の依頼をいただくことが多い。

以前、「こんな病院はいらない!」というタイトルでメールマガジンを発行していたことがあり、病院建築に関しては並々ならぬ思いがある。

このたびの計画でわたしが提案しているのは、「癒しの空間づくり」である。


【緑に囲まれた空間づくり】
建物の周囲を樹木で囲い、中庭やテラスにも植え込みをつくり、癒しの空間を創出する。


【水のある空間づくり】
中庭に屋上から流れ落ちる滝をつくり、最下階には水盤をつくる。


【気持ちの良い空間づくり】
暗く閉ざされた室内空間となってしまうことを避けるために、大きな中庭や吹き抜けを設ける。
さらに、眺めの良いスカイレストランや多目的ホール、それに付属するテラス、屋上の積極的な利用を推進する。


【未来に誇れる個性づくり】
数十年たっても、競合他者に負けない魅力的な外観と、子供にも覚えやすいシンボル性を提案する。


【ゆったり感を創出】
広くて明るい待合スペース、プライバシーの確保、雨の日でも不便のないよう大きな庇と室内駐車場、そして車寄せ、敷地内での車の回転を容易にする。


【外部とのかかわり】
ギャラリーやショップ、託児所、図書室、資料室、トレーニング場、リハビリ、デイサービスとして利用できるようにする。そして、ゆりかごから墓場までの概念を構築する。
また、最上階のレストランや多目的ホールを病院から独立させ、外部からも利用できるようにする。




ありきたりの概念に縛られない自由な発想で、病院スタッフや利用者、地域の住民にとっても快適でワクワクするような、そんな病院建築を目指している。
by kishi-e | 2006-05-10 14:50 | 建築

ミクロコスモス

f0071840_1120268.jpg

今日は、写真の狭小住宅の現場に、来ている。

現場では、基礎のコンクリートを、打ち終わったところだ。
弊社の内部では、鉄骨や木造軸組の施工図をチェックしている。

それらが確定すればさっそく製作に入り、近いうちに上棟する予定。

この敷地は15坪しかないけど、ここに小宇宙、ミクロコスモスを作るのが、弊社の役目。

困難も多いが、都心に住む可能性を追求する。

弊社にご相談を寄せてくださる多くのお客さまもそうだが、弊社としても完成がたのしみな現場だ。
by kishi-e | 2006-03-14 11:18 | 建築