広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

カテゴリ:現在の仕事( 30 )

「けごやの家」

f0071840_15311716.jpg


今日は東区戸坂に行ったあと、呉市に来ています。

いずれもリフォームの話で、築30年たった現地の確認。

同じような話が、たまたま今日は、二件重なりました。

そのあと以前、設計監理した、写真にある「けごやの家」に来ています。

最近、家の前の大きな家は取り壊され、風景が一変しました。

過疎化が進むこの地域では、見慣れた情景が、刻一刻と変化していきます。

時の経つのは早いもの、そして家の栄枯盛衰に触れ、感慨無量です。
by kishi-e | 2006-06-23 15:31 | 現在の仕事

楠木町の家

f0071840_1756873.jpg


楠木町の家の現場に、来ています。

やっと、鉄骨階段が付きました。

しかも螺旋階段です。
厳しい予算ですが、施主の強い希望で、実現しました。

写真は、一階から二階を見上げています。
さらに上には、トップライトが付いていて、一階まで光を落としています。

都心の密集地に建つ、狭小住宅なので、壁からの光は期待できません。

しかし、いろんな工夫で、昼間でも電気は不要で、快適です。

完成を期待して下さい。
by kishi-e | 2006-06-21 17:56 | 現在の仕事

テナントビルの改修工事

f0071840_15564853.jpg

今日は完成間際の、テナントビルの改修工事の現場に来ています。

そして、二階の廊下を、見ています。

平凡なデザインは避けて、できるだけ個性的にしたいのは、弊社のこだわりです。

そこで写真のように、床のタイルカーペットに、斜めに赤いラインを入れています。
by kishi-e | 2006-05-13 15:56 | 現在の仕事

狭小住宅の現場

f0071840_1492210.jpg


今日は、三階建ての狭小住宅の現場に来ています。

そして、国産の杉材で出来た、筋違いの入った軸組を、見上げています。

外国産は避けて、できるだけ国産材を使用するのは、弊社のこだわりです。

写真は一階の階段入り口から三階方向を撮っていて、ここにはスチール製のらせん階段が取り付く予定です。

構造耐力上、木造二階建ては簡易な構造計算でいいのですが、三階建てになると、木造でも構造設計事務所による本格的な構造計算が必要です。

小規模な住宅であっても、狭小住宅では強度への対策が重要なのです。
by kishi-e | 2006-05-12 14:13 | 現在の仕事

プラスパーコバヤシ

f0071840_14413795.jpg

賃貸ビルのプラスパーコバヤシの現場に来ています。

床も壁も天井も、設備機器も取替えの全面改修です。

貸室は、新しいエアコンも入り、照明と床仕上げを待つばかりです。

しかし、四ヵ所あるトイレがこれからだし、ここが勝負です。

最近は、どこもトイレがきれいだし、トイレがよくないと勝負にならないのです。

担当者が、毎日現場に通い、また毎週のように施主と打ち合わせをしています。

そして、確認を取ったり好みを聞いて、進めています。

あと二週間で、完成予定です。
by kishi-e | 2006-05-08 14:40 | 現在の仕事

弊社の狭小住宅

f0071840_13525673.jpg

楠木の家の現場に、来ました。

筋交いも入れて、木工事が進んでいます。
サッシュもつきました。

これからは、外壁下地を終わらせて、外壁仕上げ材を張ります。

そして足場を外せば、世間に御披露目となります。

この瞬間が、一番楽しみであり、怖くもあります。
by kishi-e | 2006-05-02 13:53 | 現在の仕事

風水リフォーム

f0071840_164291.jpg

土曜日に行った、リフォームの完成引き渡し。

風水を取り入れ、玄関、浴室、台所、主寝室の場所を移動、廊下や階段の壁も撤去しています。

つまり、一階のすべてが吉相の間取りに大変身しています。

また、不要な間仕切り壁を撤去することで、部屋ごとに壁で仕切られていた家の中が、1つの空間として貫通しました。

既存の壁を解体した箇所もありますが、新しく作った壁の中に筋交いを入れて耐力壁としているので、強度面でも安心です。

風通しも抜群、広々とした大空間が出来ました。

施主さんに喜んでいただき、我々も何よりです。

江口希之
by kishi-e | 2006-04-24 16:08 | 現在の仕事

風水デザイナーズハウス

f0071840_11365585.jpg

ただいま弊社では、寺町に続く風水デザイナーズハウスを、企画している。

今日は、しばらくぶりにその敷地に来ている。前回行った時にはまだ隣地に建っていた倉庫が解体され、コンクリート基礎だけの状態になっていた。

解体後は駐車場になるとのこと。開放的でとても気持ちが良い。

もうすぐ、本格的に図面作成に入り、実施設計にも入る日が近い。今日は、計画の最終チェックをした。

この敷地は18坪しかないけど、ここに魅力溢れる建て売りを作る自信がある。

土地の狭さゆえに融資や設計にも困難が多いが、平地の都心に住む可能性を追求したい。

価格は3250万円を予定しており、弊社の多くのお客さんも、購入可能な価格帯だ。
by kishi-e | 2006-03-15 11:37 | 現在の仕事

敷地の調査

f0071840_19435983.jpg


現在、実施設計段階にある現場の、建築地を調査に行った。雑草の生い茂った場所が目的の土地。

わたしはもう何度も行っているが、担当させるスタッフと、見習いの2人も勉強のために同行させた。

設計は、敷地を知ることが重要。

敷地の形状や隣地との高低差、隣家との関わりや眺望、日当たりなどを考慮せずに、良い設計はできないと考えている。

わたしには、いつも決まったパターンを使いまわしているハウスメーカーの仕事が信じられない・・・

今回の土地は、海の見える高台。

このロケーションを最大限に活かすため、悩みぬいてプランした。完成が楽しみだ。
by kishi-e | 2006-02-22 19:53 | 現在の仕事

企画設計という仕事

本日が締切だった福祉施設の計画。

与えられた条件を最大限に活かしてプランしたいが、コスト面も無視できず、毎回いくつか作成している。

提出用図面の作成には、ゆとりを持ってスケジュールを組むよう心がけていたが、間際になって新しいプランが浮かび、急きょ追加した。

昨日今日とドタバタして、なんとか締切に間に合わせることができた。

スタッフには苦しい思いをさせてしまったが、企画設計というものは、どこまでやっても終わりのない作業。

いろんなアイデアがわいてきては、次々と変更修正を加えていく。

ギリギリで仕上げた仕事などはろくでもないので、できれば締切の数日前に終えていたいのだが、「より良いものにしたい」という気持ちが、なかなかプランを確定させてくれない・・・
by kishi-e | 2006-02-21 19:13 | 現在の仕事