広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

図面と現場

f0071840_19111788.jpg

工事現場は、図面通り工事をするのが基本。

そして、設計事務所と協議しながら、さらに良くしていくことも大切だ。

そして我々、設計事務所は図面通り施工しているか、チェックする。

しかし、施主との契約でチェック回数は決まっている。

報酬が多いと、現場監理回数も当然、多い。

それにしても、現場はよく間違える。

また設計事務所に許可なく、勝手に工事内容を変える。

職人の都合だ。
電話で相談してくれたらいいのに、といつも思う。

施主から見ると、不思議かもしれないが、この業界は普通によくある。

特に、初めて弊社と仕事をする工務店は、これをよくやる。
しかし、悪気はない。設計事務所といっしょに、仕事をする習慣がないだけだ。
または、今までの設計事務所が、ずさんな仕事をしていたからかもしれない。

確かに、レベルの低い設計事務所は、現場に教えてもらっている。

でも図面通りの工事をしていないと、たいてい他の問題が起こる。

一つの箇所は、いくつもの箇所に関連しているからだ。

最近は、なくなったが、以前は設計事務所に相談なく、現場に直接、指示していた施主もたまにいた。

そうすると、たいていガタガタになったものだ。

そもそも現場監理は難しいもの、素人にはとても手に負えない!

江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2007-11-03 19:11 | 日常生活