広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

賃貸マンション

f0071840_21463283.jpg

個人住宅は、施主個人の価値観で決まる。

だから、近年は施主がよく勉強していて、レベルアップしている。

しかし、賃貸マンションはそうはいかない。

さまざまな人たちが、話に加わる。

建設会社、不動産屋、銀行、そしてたまに設計事務所も加わる。

そして事業性つまり、採算性があることが基本となる。

しかし、ここにはさまざまなトリックが、用意されている。
私は絶対トリックは使わない。

さて採算性で大事なことは、何と言っても建設コストの安さだ。

賃料は立地と広さで決まり、建物によって大差はない。

となると、いかに安く造るかが、勝負となる。

そして、大きなお金が動くから、建設会社の営業マンが暗躍する。

そして採算性のために、デザインは犠牲になってきた。

設計事務所も、犠牲になってきた。

だから、世の中の賃貸マンションは、つまらないものばかりになっている。

しかし首都圏では、デザイナーズマンションが登場してきた。

賃料は広島の倍額はあるから、建設コストも二倍かけられる理屈になる。

当然、素晴らしいマンションも可能となる。

つまり広島では、ローコストでかつ、デザイナーズマンションでなくてはならない。

これは、かなり難しいことだし、設計事務所の能力が要求される。

また競争入札が、絶対に必要となる。

建設コストが高いまま続行しようとすると、採算性のトリックを使わないと、なかなか事業は成立しない。

地方で、デザイナーズマンションの成立は、至難の業なのだ。

江口希之
http://eguchi.co.jp
by kishi-e | 2007-05-04 21:46 | 日常生活