広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

月曜日のツイッター ②

欧米では、不動産投資は一番リスクが少ない、と言われています。仕入れも大切ですが、その後のやり方次第、とも言えます。 つまり、ただただ、行く末を見守るだけの他の投資とは、完全に一線を画しているのです。
posted at 12:50:22

今後、金利が上昇するかもしれません。国債が、暴落するかもしれません。そして、企業の大倒産の始まり・・・。どちらにしても、いいことは起こりそうにありません。だからこそ、「有事に強い不動産」、ということになるのですね。
posted at 12:48:46

いまや、日本の不動産は、海外の動向次第・・・。例えば今後、ドルが暴落して、円が高騰するかもしれません。海外発のインフレが、日本に到来するかもしれませんよね。
posted at 12:47:30

いかなる投資の判断にも、経済の行く末が大きく関係します。その経済も、「日本は破たんする」としている本と、「日本は大丈夫」という本に、わかれています。ということは結局、「頼りになるのは自分だけ」、ということになりますよね。
posted at 12:46:05

投資すべきは、株か国債か不動産か・・・。勉強あるのみと言っても、何が正しいか、よくわかりませんよね。例えば、株投資の本には、「不動産投資は危険」とあります。不動産投資の本には、「株投資は危険」とあります。みんな、自分がかわいいのです・・・。
posted at 12:45:11

本やツイッターで、プロが素人に対し、安易な不動産投資のお誘いが、多すぎるような気がします。危険な誘いですよね。
posted at 12:43:39

今、「インフレにも強い、不動産投資が無難」、という勘違いが起こっています。プロでも失敗するのに、素人が不動産投資は無理。楽観論は危険すぎます。成功のためには、相当な経験と勉強が必要なのです。
posted at 12:43:05
by kishi-e | 2011-02-21 12:55 | ツイッター