広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

金曜日のツイッター ②

さまざまな理由で、不動産購入のための、融資がつきにくい人がいます。そういう時は、メガバンクよりも地方銀行、さらに信用金庫よりは信用組合の方が、可能性が広がります。あきらめては、いけません。
posted at 06:16:41

不動産物件に、買い付けが入ったけど、客は自営業・・・。こうなると、普通は融資がつきにくいものです。自営業、またはその子弟の場合、会社の三年間の決算が、良ければいいのです。しかし今の日本、なかなか難しいかもしれませんね。
posted at 06:14:35

これからは、上場企業や公共団体から、不動産が放出されます。前者は会計上、後者は財政上、所有し続けるには困難な状況なのです。もうすでに弊社は、そういう売主から買う傾向にあります。
posted at 06:11:08

まとまった不動産を買うなら、個人からより企業からがいい。個人は一番いい時が、基準になっているから、高く売ろうとします。つまり、安く買えませんね。しかし企業は、相場が見えていて、会計処理のため早期処分など、違う論理が働きます。
posted at 06:08:31

不動産購入において、楽観主義は危険です。確実に言えるのは、日本は青年期から老年期に入っています。つまり、大多数の場所は、衰退すると考えた方が無難です。繁栄するのは、都心部のみでしょう。
posted at 06:06:12

不動産を購入するとき、建物だけのことだけではなく、地域のことも考えないといけません。発展するのか、衰退するのか・・・。これからは、このことが決め手となります。場所によっては、資産価値は大きく低下します。
posted at 06:03:24
by kishi-e | 2011-02-11 06:22 | ツイッター