広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

月曜日のツイッター ③

中古住宅を中心とする不動産流通市場では、秋の不動産フェアもあり、堅調さが続いている。首都圏は8月、9月とも成約件数が前年を上回っているらしい。売約依頼も、増えて来たという。ちょっとした、不動産バブルの様相を呈している。
posted at 20:26:48

最近、販売好調なのが大手や準大手、電鉄系、商社系といった資金力のあるディベロッパーが供給する、比較的高額の部類に入るマンションに偏っているらしい。デフレなのに、すごい。事実、大手デベロッパーなどが、次々に供給する高額物件の中には、完売物件も目立つ。
posted at 20:22:22

住宅系の不動産の購入には、どうしても主婦の意見が大切になる。しかし、最近は共稼ぎが多い。したがって仲介業者が、夫婦そろった打ち合わせをするのが、なかなか難しいらしい。だから、結論が延び延びとなる。
posted at 20:16:31

今日、見に行った売りビル。想像はしていたが、やはり、興味なかった。それよりは、近くにある別の売りビルの方に、惹かれた。オーナーは同一。すぐに資料を取り寄せて、内容を確認して検討した。明日、午前中、さっそく仲介業者と打ち合わせ。何事もスピード、スピード、スピード。
posted at 20:12:24

資金的に、不動産を買える層が動き出した、といいます。低金利の住宅ローンや政府の住宅政策の効果もあり、今が買い時との見方が広がっている。これはいい。そして好調な販売状況は、「年末にかけても継続する」、というのが市場関係者のおおかたの見方らしい。
posted at 20:06:16

民間企業の設備投資が、増えています。事務所や店舗などへの建設投資で、製造業による投資が減る一方、非製造業による投資が増加しています。非製造業のうち不動産業は、20.4%も増えているのです。この調子で、増え続けるといいのですが・・・。
posted at 19:54:52

日銀は、景気の現状について、「改善の動きに一服感がみられる」、と2カ月連続で判断を下方修正。企業収益や企業の業況感は、改善しているとは言えない、との判断。それはそうでしょ。政治がこれだけ混迷しているから、景気回復どころではないですよねえ。
posted at 19:29:45

スペインの建築家、アントニオ・ガウディが設計した、世界的に有名な施設、サグラダ・ファミリア。着工から128年かけて、このたびやっと正式に、教会として認められた。意外ですねえ。バチカンが教会として認定しないと、教会ではないらしい。
posted at 19:21:46
by kishi-e | 2010-11-09 11:23 | ツイッター