広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

水曜日のツイッター ②

奄美で記録的な大雨。これからは、こういう天変地異が増えるでしょうね。そして不動産価値にも、反映せざる得なくなるでしょう。つまり自然災害は、もはや日常と隣り合わせとなり、その可能性のある場所の不動産価値は、下がるでしょうね。
posted at 21:44:17

岐阜県で突然、住宅地が大規模に陥没。原因は地下三メートルに、過去の石炭採掘の空洞があるからです。ある町では、住宅地の60%が危険地域。もし地震があると、なお陥没の危険が増す。こうなると、不動産価値なんか、あったものではないですね。
posted at 21:36:02

相反することのマッチング、時として大成功を産みますね。不動産投資も、大胆さと緻密さ、買いと売り、攻めと守り、などの両方が必要ですね。一度、成功したとしても蓄財に固執せずに、社会貢献、寄付も必要です。相反するもの、両方の持ち合わせがないと、成功もないし継続もしないでしょう。
posted at 20:57:15

あらゆる投資に言えることですが、人によって向き不向きがあります。必要なことは、先見性、洞察力、スピード、そして胆力など。気の持ちようは何よりも大切。不動産投資も同じこと。誰もが成功するわけではありません。当然、止めた方がいい人もいますよね。
posted at 20:46:21

縁は、自分で引き寄せるもの。そして今、縁があれば不動産は安く買えるかもしれない。そうしたら、本来は高く売れるようになるまで、待ちたいところ。しかし長期間、待てる体力は普通はなく、みんな短期で売りぬきたい。
posted at 20:42:02

投資の過去の歴史は、勉強するべきですね。あふれるほどの知識を、もたらしてくれる。大富豪になった成功者の気質も、大変に勉強になります。儲ける基本は、安く買い高く売ること。言葉にすると簡単だけど、実行は難しい。株も先物も不動産も、同じことですね。
posted at 20:39:07

過去の成功者は、株や先物に相場を張った。しかも、家屋敷まで売って現金に換え、全財産を投資にかけた人も多かった。現代では、銀行融資が確立しており、そうまですることはない。しかも年末にかけて、銀行は何としても融資を出したい。恵まれた環境であり、不動産を買うチャンスです。
posted at 20:28:57

かつて投資で、巨万の富を稼いだ人は、明治、大正、昭和の激動期に生きた。戦争で景気は乱高下し、チャンスはふんだんにあった。今はそれほどではないが激動期で、チャンスは万歳だと思う。そこで私は、不動産で勝負しよう。
posted at 20:25:09
by kishi-e | 2010-10-21 08:12 | ツイッター