広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

解体工事

f0071840_1812779.jpg

広島市の中心部、流川ビルの内装解体工事が、スタートしました。

まずは、一階から三階までの内装仕上げを、解体撤去します。



床、壁、天井、すべて仕上げがなくなり、コンクリートだけになります。


写真は、道路に止めたトラックに、解体したものを詰め込んでいます。

何回も繰り返し、廃材を捨てに行きます。



また、手前の階段と室内を間仕切っている壁を、解体撤去します。

40年もの間、店の顔として、繰り返し様々な仕上げが、施されています。



だから、解体撤去した方が早いのです。



そして階段は区画しないといけないため、当然、新しく間仕切り壁を復旧します。



さらに、建物正面をふさいでいた、巨大なコンクリート壁を解体撤去します。

これで、かなり開放的になります。



また、階段に露出していた様々な設備配管や配線も、撤去して新しくします。

電気、ガス、エアコン、竪樋などなど…。



ただし、今度は露出させません!

テントやエアコンもなくなりますから、汚いものはなくなり、正面の階段は美しくなります。



リノベーションは難解ですが、美しくしないと、意味がありません。



江口希之
by kishi-e | 2009-09-02 18:12 | 不動産