広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

図面と施工費用

f0071840_20153876.jpg

今日も、300枚以上の図面と格闘した。

あるビルの、実施設計図面で、建築、構造、設備図面だ。



いい建物を造るためには、図面枚数は多くなる。
まあ、当たり前のことだ。



しかし、図面枚数が少ないほど、施工費用は安くなる。

我々設計事務所の報酬も、安くなる!



しかし、決していい建物はできない。

つまり、手間をかけない、やっつけ仕事になる!


難解な仕事をしないと、素晴らしい造形なんか、できるわけない!

そして、いい建物を造ろうとしても、図面枚数が少ないと、現場で非常に苦労する。



挙げ句、追加工事になり費用がかかる!

また、工事監理回数が少ないと、いい建物はできない。



逆に、図面枚数が多く、工事監理回数も多いと、いい建物ができる。

しかし、施工費用も設計監理の報酬も高くなる。


職人さんも工務店も、恐れてしまうからだ。

やりなれないことは、やりたくないのだ。



つまり、2つの選択肢市がある。

安くて品質の悪い建物を造るのがいいか、そこそこ高いけど、品質のいい建物がいいか…?



これが、問題だ。



報酬を払うお客さんは、どちらをとるか、よく考えないといけない。



たとえば、不動産業者やハウスメーカーが施主の場合、設計監理報酬はとにかく安い!

だから、安くて品質の悪い建物になる!



特に建て売り住宅は、設計事務所の設計報酬は、昔からムチャクチャ安い。

だから工事監理も、ほとんどしない。



ということは、完成した建物のレベルは、想像できる。

つまり、いい建物を造るために必要な、正当な設計報酬というものが、世の中にはある。



それは、不動産業者やハウスメーカーの出す報酬の、倍以上であることは、間違いない。



早く、この間違いを正さないと、日本の大多数の家は、いつまでもレベルアップしないままになる。

しかし、安いが一番のお客さんもいることは、紛れもない事実だ。



江口希之
by kishi-e | 2009-02-09 20:15 | 建築