広島の建築家、江口希之です。創業28周年になりました! 広島市中区大手町1丁目4-24  082-247-2437


by kishi-e

過剰な建築規制

f0071840_10142544.jpg

いま我々は100年に一度の、経済危機に直面している。

つまり、マーケットは縮小し、安さに価値を見いだす世の中になっている。



分譲マンションや分譲戸建てはすでに、そういう傾向に入った。

それなのに、過剰な規制が、安さ阻止に追い討ちをかける。



三階建てならまだわかるが、二階建ての木造住宅にまで、地盤調査を必要とする動きがあるのだ。
団地の傾斜地なら、よくわかる。



なるほど、日の浅い盛り土は危険だ。

しかし、100年以上、地形の変動のない平地にまで、地盤調査はいらない!



過剰に杭を打たせて、莫大な費用負担をした住宅が、傾くことがあれば、周囲の住宅はとっくに傾く。

ただでさえ、最近は木造もベタ基礎になり、以前の布基礎よりも、かなり強固になった。



さらに杭なんて、ナンセンス。

予算のある注文住宅なら、まだわかる。



しかし、建て売り住宅までやるなんて、価格アップになるのは、間違いない。

役所はいつも、市場をしらない!

景気にブレーキをかけることを、平気でやる。



喜ぶのは、杭の施工者と保険会社だけ。

そして、庶民のささやかな夢さえ、もぎ取ろうとするのか!



そんなことが、まかり通ったら、ローコスト住宅なんか有り得ない!



つまり経済危機、安さ第一という、現実性を加味した規制でないと、意味がないのだ!



江口希之
by kishi-e | 2009-01-21 10:14 | 建築